481-100番台 ボンネット  建造期間23/10月〜24/5月                         ホーム          

得意のフルスクラッチ。3次元曲線の再現には、実車を髣髴させる鉄骨フレームから実現。 

近所の模型店主監修の元に微調整。まだまだ、気になるところがありますが、至って満足。

ボンネット取り外し可能。透過式ヘッドマーク再現。搭乗員は、定番の1/6のGIジョー。

カラーリング後、ウレタンクリアー2回塗りの濡れた様なボデーの仕上がり。

実車では、クハですが、モーター4個のモーター台車で運用がベスト。編成を組む別のモーター車との、

総括制御で抜群のパワーを見せ付けます。


ホーム