481-800番台用に、パノラマカーの台車を流用。エアーブレーキ装備車に改造 ホーム

元は先頭車両として走行させていた車両で、485系雷鳥の編成を組むべく最後尾の運転台車として改造しました。

エアブレーキは、留置用として、転がり防止用として組み込みました。

抜群の製動力は、1車両への組み込みだけですが、3両編成を下り坂での留置が容易いにする抜群の効き。 

エアーコンプレッサー、電磁弁2個、空気元だめ。踏面ブレーキとして、制輪子で制動をかけます。トラック用品でまかないます。

運転座席そばに、トグルスイッチにて電磁弁でエアーを操作。エアシリンダーを作動させます。

あくまで簡素な構造で、実車には適いません。 実車は、両抱き式ですが、内内がけ式です。

モーター台車と付随台車に同じ構造を組み込みました。ボギー台車は、名鉄パノラマカーの物を使用しています。
制動が掛かると大人一人では動かせないほどの抜群の制動を保障します。

 ホーム